「ないがしろにされない」生き方


最近、ストレスについてよく考えます。

 

「ストレスを理解し、排除していく。」

 

これをちゃんとやっていければ幸せになれるはずです。
また、ストレスを受け入れることができれば対処ができます。

 

今回は「ないがしろにされること」。

 

スポンサードリンク

 

ストレスの要因「ないがしろにされること」

 

メールを送っても、返信がなかったり、

お願いごとしてもしてくれてなかったり、

仕事上で情報くれるべきことを共有してくれてなかったり、

相談してたことをあっさり忘れらていたり、

連絡するといったままスルーされたり、

心遣い、気遣いがない発言をされたり・・・

 

よくあります。

 

「自分が大切にされてない」「必要とされてない」と感じると本当に悲しくなります。

 

37

 

自分が一番ショックだったのは、「会議が始まっているのに呼ばれなかったこと」ですね。前の会議に出ていて席にいなかったのですが、勝手に会議始まって、いつの間にか終わってたとういう(笑)

 

結局、「自分でその程度なんだなぁ」って落ち込みました。
自分にはもちろんですが、会議の担当者にも怒りもこみ上げました。

 

担当者に悪気はなく、おそらく偉い人の号令で会議が早まっただけなのでしょう。
(まぁ、一声くらいはかけてほしいですが)

 

「ないがしろにされる」
誰もが当てはまることではないでしょうか。

 

ということは、自分も無意識にやってしまっているのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

「ないがしろにされない」ためにできること。

 

こういうことはあまり意識せず「自然体でいいや」と思って生きていきたいのですが、
今後はストレス要因を断ちきっていきたいです。

 

まず自分が「ないがしろにしない」
「ないがしろにされる」のは自分がしてしまっているからかもしれない。
なにより、自分が傷つけてしまっていることも嫌です。

 

自分の意見を主張する
思ったこと、嫌だったことを伝える。

 

自分から人に関わっていく
よっぽどの大物以外、人から歩み寄ってくれることはない。

 

キーワードは「存在感」。

 

ないがしろにされないよう、存在感を植えつけていくイメージです。

 

やっぱり、コミュニケーション不足が原因なのでしょうね。

 

今日からやっていきます!

 

 


Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です