新しい東京五輪エンブレムの正解は何だろう?


佐野氏デザインのエンブレムが取り下げられ
新たに公募されることになりました。

 

新しいエムブレムはどんなものになるのか。
非常に注目を浴びています。

 

すでにネット上でいろんな方が
エムブレムのデザイン案を作られていますが、
いったいどんなデザインが正解なんでしょうか。

考察してみました。

 

まず、東京オリンピックをどうしたいのか?

 

信じられないことに、
東京オリンピックのスローガンはまだ決まってないそうです。

 

どうやってデザインするんだ!?

 

と思ってしまうのですが・・・。

 

エンブレムも、ユニフォームも、競技場もバラバラなのは
スローガンが決まってないからでは?

 

ちなみに「明日(未来)をつかもう!」は
招致の時のスローガンです

 

 

自分なりに東京オリンピック2020が
どうなれば成功なのか

 

当然、ゴールは成功させること。

では、オリンピックの成功とは?

・出場選手がベストの力を発揮できること。
・世界中の人がオリンピックに熱狂すること。

 

「オリンピックは、もはや単なるスポーツの祭典ではない」
とオリンピック組織委員会は言っていますが、

 

いや、まずは、スポーツでしょう。

スポーツの祭典を盛り上げることが一番大事なこと。

 

それが、経済効果と文明改革をもたらせてきた。

 

7285

 

1964年の東京オリンピックなんてまさにそうでしょう。

 

選手のためのオリンピック。
そして、選手たちを応援する人々のためのオリンピック。

 

東京オリンピックに関わる
世界中の人を「おもてなし」すること。

 

これを全力で尽くすことが、
われわれ開催国が為すことだと思います。

 

 

エムブレムの役割

 

選手を含む世界中の人々のオリンピックムードを
喚起させるスイッチである。

エムブレムはあらゆる媒体でしようされ、
接触するたびに期待感や高揚感が蓄積される。

 

オリンピックエムブレムにふさわしいものとは?

 

・東京オリンピックらしさ
必然性。意図が難解なものはNG。
「オリンピック」「東京」「おもてなし」わかりやすいものを。

 

・品格があること
4年に1度しか開催されないオリンピック。
スポーツ選手にとって最高峰の歴史ある国際大会に
ふさわしい品格のあるもの。

 

・あらゆる媒体でも機能する形
小さいサイズで使用しても印象的なデザイン。
モノクロでも形で認知できるものが望ましい。

 

・パラリンピック
同じコンセプトで対になるもの。

 

まとめ

私もこれをもとにデザインをイメージしてみたが、
これがなかなか難しい。

 

こうやって実際に考えてみると、パクリ疑惑は抜きにして
佐野研二郎氏のエムブレムは、喚起させるスイッチとして
のハードルをクリアしていて、さすがだなぁと思います。

tokyooliympic logo

・シンプルで印象的
・小さくてもモノクロでも形が認知できる。
・品格もある(主観になってしまいますが・・・)
・パラリンピックの展開が秀逸
(オリンピックと同じパーツでできている)

 

ただ、一番重要な「日本らしくない」「スポーツの祭典らしくない」という点で国民から不満が起こってしまった。

 

だから、いろんな人がtwitterなどで作り始めたのでしょう。
「日本らしくスポーツの祭典らしいもの」を求めて。

 

120515CANDIDATE_fin_ ‚ ‚è‚Q

 

招致エムブレム。

 

私は今のところ一番ふさわしいと思っています。

 

ただ、

 

招致エンブレムは今まで無料使用OKにしていたので
これは公式にはできない。公式エンブレムに多額のスポンサー料を払っている企業と折り合いがつかなくなってしまうんですよね。

残念。

 

新しいエムブレムは、
どんなものが選ばれるのでしょうか。

 

応募資格のハードルが下がれば出してみたいなー。

 


Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です