AKB48のウインクに感心した話


 

歌番組でAKB48が歌っていると、大人数のメンバーがカメラに次々に映っていきます。顔アップはそれぞれ1秒くらいしか映らなかったりします。おそらくメンバーの中で流行っているのでしょうか?顔がアップに映ったときに「ウインク」をしている姿を最近頻繁に目にします。

 

1〜2秒の時間でいかに印象付けるか。
ファンを虜にできるかいろいろ考えた一つの戦術なのでしょう。

 

それに「キュン」としてしまう自分がいますが、家で鏡の前で練習してるのかな?とか想像できて感心しています。ワイドナショーという番組で指原莉乃さんが「アイドルはすごく考えている」と話していた通り、マーケティングやプロディユース意識がないと生き残っていけないのでしょう。

 

同じように広告のグラフィックやポスターも「一瞬が勝負」です。日常の景色からいかに見てもらえるか。広告デザインでも「ウインク」が大重要。キャッチコピーやアートでアテンションをとります。

 

「よく考えること」

 

どの世界でも同じでこれをしてるかしてないかで大きく変わってくる。

 

 


Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です